2018.02.11カテゴリー:
市民ランナーはスタートだけは元気
東京農業大学の大根踊り

毎年恒例の富士宮駅伝が開催されました。68回を数える結構伝統のある駅伝で市街地から白糸の滝まで往復約35kmで競い合います。名物は東京農業大学の応援団で、大会を盛り上げます。年末に開催された大学女子選抜駅伝はあっという間に通り過ぎてしまいますが、富士宮駅伝は市民ランナーが沿道の応援に後押しされながらえっちらおっちら坂道を上っていきます。

 

2018.02.08カテゴリー:

dav

一戸建ての賃貸、いわゆる借家の入居者さんが変わるので錠前交換のご依頼です。築40~50年だそうです。リフォームはほどこしてますが、レトロ感漂う哀愁を感じるたたずまいです。このような環境で生活するのも良いかもと思ってします。新築のアパートより、あえて古風な借家を選択する方も少なくないようです。手入れが行き届いているのでこれからも多くの人が生活する場として受け継がれるでしょう。

2018.02.06カテゴリー:
mde
burst

三島市

住宅開錠の依頼ですが、電話で状況をお伺いしている段階で、開錠は無理ではないかと予想されましたが、とりあえず現場に行ってみる事にしました。玄関は特殊なシリンダーが2箇所付いているので解錠は無理です。サッシ窓も防犯は完璧ときてます。鍵屋でできる最終手段は玄関シリンダーの破壊開錠ですが、この玄関シリンダー特注品かハウスメーカー仕様とみうけられ一般に出回っている代物でない為在庫はありません。破壊開錠の前提はシリンダーの在庫を保有している必要がある為、今の段階での破壊開錠はできません。今回はハウスメーカーで交換用玄関シリンダーの用意ができれば、玄関のシリンダー破壊開錠させていただくという事でやむなく撤退しました。開錠できませんでしたので、もちろん料金は頂きません。

2018.02.04カテゴリー:

本日は節分に付、富士山本宮浅間大社で厄除招福のご祈祷を受けてきました。気持ち新たに今年も一年、世の為、人の為、自分の為、精進してまいる所存です。豆まき式には関取衆が来たようですが、仕事で行けなかったのが残念でした。浅間大社の本殿はとても寒かったです。

 

 

2018.02.02カテゴリー:

静岡県富士宮市まかいの牧場 30.2.2 16:00

錠前の交換でまかいの牧場まで行きました。昨夜の雪で一面銀世界かと思いきや、それほどでもありませんでした。朝は一面銀世界で本日の営業は取りやめたそうですが、みるみる内に雪は解けて道路も雪に弱いシティーロックサービスでもノーマルタイヤで余裕で登ってこれました。明日はまかいの牧場さんは通常営業します。生まれたばかりの可愛いヤギの赤ちゃんに会いに来てください。

2018.02.01カテゴリー:

2018.1.31  22:00

天気が心配されていましたが、静岡でも皆既月食を観察する事ができました。天体ショーでも流星群の場合は、流れ星が出る度に歓声があがるのですが、皆既月食は暗くなっていく月をただ眺めているだけの地味な天体ショーで、テレビ中継で映っていた小さな子供たちも飽きぎみでしたね。

2018.01.30カテゴリー:

静岡県富士宮市ドアガード開錠依頼

アパートの玄関ドアガードがかかって入室できなくなってしまいました。バネが効かなくなって制御が効かなくドアを閉めた勢いで、かかってしまった様です。交換しないと又かかってしまいます。とりあえず動かないようにガムテープで止めておきました。今回は保険に加入していたため自己負担が発生しなくて依頼者様も一安心です。

2018.01.29カテゴリー:

玄関のドアガード付き錠前のドアガードが引っかかり、10cm位しか開きません。通常でしたら、鍵が90°回ってドアガードが解除できるのですが、45°しか回らないので解除できません。10cmの隙間では治具が入りません。さてどうしましょう。勝手口にまわってみると、勝手口の錠前を開ける事ができました。内側からサムターンを回しても45°しか回りません。玄関の内側からは隙間から治具でなんとかドアガードを解除できました。錠前をばらすのはリスクがあるのでとりあえず錠前の洗浄とグリスの注入したら正常に動くようになりましたのでこれで良しとします。

2018.01.26カテゴリー:

鍵作成のご依頼でお客様がご本人で玄関引戸錠を取り外して持ってこられました。年数は経ってますが、まだ使用可能なのでクリーニングして、鍵を作成しました。ただ一つ心がかりは、お客様が錠前を正確に取り付ける事ができるかどうかです。数時間後、「錠前を取り付けたが、鍵がかからない」と電話がかかって来ました。お伺いして見てみると、おしい事に錠前が上下逆に取り付けてありました。引戸錠は外側と内側をきっちり位置合わせしないとうまく鍵がかからないので、注意が必要です。

 

2018.01.24カテゴリー:

車のイグニッションの調子が悪いので潤滑剤を注入した際にノズルの先がイグニッションの中で折れてしまったとの事です。この車、鍵の刺し口に鍵穴をふさぐ様にシャッターが付いていて、これがまた押しこむ時、結構重たいので劣化していたノズルが引きちぎられてしまったのかもしれません。ドアでしたら内貼りをはがしてシリンダーを外してばらして取り除くのですが、イグニッションの場合は鍵穴からなんとかするしかありません。鍵抜き治具を使って抜き出すことができました。

 

ページトップへ